ガジェット 釣り

包丁で切れない手袋!?魚を捌く便利グッズ「エステー モデルローブNO600ニトリル手袋」を試してみた

更新日:

私は釣りが趣味なので魚を捌く機会が多いのですが、自分で釣った魚を自分で捌いて食べると美味しさもひとしおですよね。
颯爽と捌ければ良いのですが、私の場合いかんせん不器用なので、包丁や魚のトゲでうっかり手を切っちゃうことが多い…。
なんとかならないものかとネットで情報を探していると、なんと「刃物で切れない手袋」なるものがあるらしい!さっそく購入して試してみました。

エステー モデルローブNO600ニトリル手袋(裏メリヤス)

表面がざらざらとしている以外は、見た目も持ってみた感じも普通のゴム手袋とあまり変わらないです。本当に刃物で切れないのか…?と思うほど。

表は防水ですが裏側は布地になっています。
この商品は「金属加工に最適」ということですが、食品衛生法適合品なので魚を捌くような調理で使っても問題ないようです。

本当に刃物でも切れないのか?試してみた

本当に刃物で切れないのか?試してみました。
おそるおそる新品の包丁で試したところ…本当に全然切れない!
写真のように刃の部分をがっつり握っても平気です。

ならば刺す方向ではどうだ?力を込めて強く刺してみるとさすがにちくっと感じます。(普通に魚を捌くならこんなに負荷がかかることはないかと。)

包丁を離してみると…おおー!全然傷がついてない!これ結構すごいんじゃないか?

買ってよかった6つのメリット

買ってよかった主なメリットは以下の通り!怪我を防げる以外にも、思いもよらなかった良いことがたくさんありました。

  1. 包丁や魚のトゲで手を怪我しない
  2. 魚のヌメリで滑らない
  3. 怪我を気にしなくて良いので、魚を捌く時間が早くなる(自分比)
  4. 素手で捌くときよりも綺麗に捌ける(自分比)
  5. 魚を直接触らなくて良いので気が楽
  6. 手が魚臭くならない

素手だと扱いが大変なトゲトゲだらけの根魚もガッシリ掴んで問題なし。素手で捌くよりしっかり魚を押さえられるので、安定して扱えるぶん捌く時間も短縮し、さらに包丁さばきも思い切りが良くなるので、心なしかいつもより綺麗に捌けるようになりました。

無論、大きな青物を捌くときも大活躍!滑り止めがついているので大きな魚でもガッチリホールドして捌くことができます。素手だと怪我が絶えなかったヒラスの調理も全然いけます。

ヌメリは簡単に流せるのでお手入れも楽々です。本当に買って良かった…!これは今年買ってよかったものベスト入り確実です。

よく切れる包丁×切れない手袋は最強!!!なんじゃないかと。
自分で魚を捌く方にはとてもおすすめです。

-ガジェット, 釣り
-, , , , , ,

Copyright© やおよろずに綴るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.