釣り

キャスティングのベイトリールGRAND DG 150RWレビュー。タイラバだとどんなシーンでおすすめ?

更新日:

全国で50店舗以上を展開する、大型釣具店『キャスティング』プライベートブランド、『A.T.LAB.』の完全オリジナルのカウンター付きベイトリール、『GRAND DG 150RW』が気になっていたので、購入して実際に使ってみました!

GRAND DG 150RWの特徴

A.T.LAB

『GRAND DG 150RW』の特徴はとにかくその安さ。キャスティング店舗で購入した際の価格は8,900円(税別)。現在販売されているカウンター付きのベイトリールのなかでも、1万円以下というのはなかなか安さだと思います。

GRAND DGシリーズのラインナップは『150RW』『150HW』『150HP』の3モデルありますが、大きな違いが「ギア比」です。

『150HW』『150HP』はギア比「6.3:1」なのに対し、『150RW』はギア比「5.3:1」で巻き取り長さが58cmと「ローギア」寄りのモデルです。

 150RW150HW150HP
ダブルハンドルダブルハンドルダブルハンドル
ギア比5.3:16.3:16.3:1
標準自重235g235g260g
最大ドラグ力5kg5kg5kg
最大巻き取り長さ58cm69cm69cm
ボール333
ローラー111

 

さっそく開封。紅牙ICS103とも比べてみた

さっそく開封してみました!リール、ポーチ、取扱い説明書の3点が入っています。

ピンクがアクセントカラー、全体はシルバーを基調としたカラーリングです。ちょっと紅牙に似ていますね。

ボタンを押すとカウンターがオンになります。カウンター機能は「メーター表記」のみといたってシンプル。

クラッチレバー部分はゴム素材になっており、滑りにくいよう細やかな配慮がされています。

せっかくなので手元にあった紅牙ICS103と比べてみました。左が紅牙ICS103右がGRAND DG 150RWです。
GRAND DG 150RWのほうが、紅牙よりも横幅のフォルムが小さめなのが分かります。

ハンドルの直径はほとんど同じくらい。ハンドルノブは紅牙と比べてGRAND DG 150RWのほうが径が大きいです。
どちらのハンドルが使いやすいかは個人差があるかと思いますが、私はタイラバのように綺麗に円を描きながら一定速度で巻くには、紅牙のように径の小さいハンドルのほうが使いやすいなと感じました。

GRAND DG 150RWのメリット

なんといっても安い

カウンター付きベイトリールで1万円以下という安さはたいへん魅力的ですね。

以外と軽くて取り回しやすい

使ってみて感じたのがその軽さ。紅牙ICS103が260gなのに比べて、GRAND DG 150RWは235gと25g軽く、女性でも使いやすいかと思います。

使用感は値段相応

試しに使ってみた当日は全体的に釣果が渋く、ヒットしたのが50cmほどのマゴチのみでドラグの調子をあまり確認できなかったのですが、全体的な使用感としてはトラブルはなく特に問題なく使うことができました。ただちょっと気になるのは巻いてる途中でハンドルノブをつかみ損ねたり、少し扱いがし辛いかなあとは感じました。

あとひとつ気をつけることは、最初にラインの号数設定をしなければいけないということ。
設定を忘れたまま使用すると、カウンター表示と残りのラインの長さに誤差が出てしまいます。設定方法は取扱説明書に記載されているので、そちらを見ながら設定しましょう。

GRAND DG 150RWのデメリット

取扱いは右ハンドルのみ

左ハンドルのモデルはなく右ハンドルのみ。左巻きがメインの人にとっては慣れないとちょっと扱いづらいかもしれません。

巻き取り長さが短いので深場での使用には不向き

巻き取り長さは58cm。水深のある場所では巻き取りのためたくさん回転させる必要があり疲れやすいので、深場で使うには不向きだと感じました。
水深30mくらいまでの浅場限定で使うのがちょうど良いかなと思います。ただそうなると使用シーンが限られるので、多少価格が上がっても深場でも使えるモデルを購入したほうが、長期的なパフォーマンスは良いのかもしれません。

GRAND DG 150RWがおすすめのシーンは?

GRAND DG 150RW』は、水深20~30mのフィールドで使うのがメインで、なおかつカウンター付きモデルが欲しいコスト重視の人におすすめのモデルだと感じました。
機能はシンプルで良いからとにかく費用を抑えたいという人の選択としてはありだと思います。

水深だけでなく巻きスピード表示などの機能面や、確実な品質を求めるのであれば、値段は上がりますが紅牙ICS103炎月CT100PGなどの有名メーカーのモデルを購入するのが堅実で良いかと思います。

さいごに

また気になるモデルがあれば購入して紹介したいと思います。この記事が少しでもリール選びの参考になれば幸いです!

コスパが良くておすすめなタイラバ専用ベイトロッドについて以下にまとめていますので、よかったら合わせてご参照ください。

コスパが良くておすすめのタイラバ専用のベイトロッドまとめ

-釣り
-, , , , , ,

Copyright© やおよろずに綴るブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.